忍者ブログ
箴言集
25 24 23 22 21 20 19 18 17 3 16
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アレキサンダー・マックィーンの早すぎた死への追悼の言葉

カール・ラガーフェルド
彼自身について知っていることはごくわずかしかないが、多大なる成功をもたらした作品のことは知っている。彼の作品はとても興味深く、決してありふれた陳腐なものでは無かった。死とは常に、多少なりとも魅力的なものであるし、彼のデザインには時々非人間的な面があった。何とも言えないが、あまりにも頻繁に死と戯れると、死に魅了されてしまうのかもしれない。(C)AFP

カール・ラガーフェルドはさすが。
webでのテキストだけをみても悲しみと才能を惜しんでいるように考えて述べている。

「とてつもなく残念です」
悲しみを堪えての一言なのだろうが、テクストになるとそっけなさすぎる。

人の死に際してどれほどの言葉をかけるかかけないかではないが、一言にはそれだけの重みが必要だと感じた。

僕は僕より若くして才能あふれるアレキサンダー・マックィーンが、自然死ではないと推測されていることにショックを受けた。

すべての人よ、死に急ぐなかれ。

拍手

PR
TRACKBACK
TRACKBACK URL
早すぎた死 マックィーン
アレキサンダー・マックィーンデザインの「ソックス・サンダル」です。生き生きしていて楽しくなるようなデザイン。 それが残念なことに自然死ではなく亡くなってしまいました。 sai の記事「早すぎる死 アレキサンダー・マックィーン」sai の記事にはカール・ラ....
URL 2010/02/12(Fri)19:46:25
忍者ブログ [PR]